3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

大阪・本町「炉ばたワコー」 目の前で食材焼く弁当提供

店主の長澤さん(左)とスタッフの小西千夏さん

店主の長澤さん(左)とスタッフの小西千夏さん

  •  
  •  

 大阪・本町の居酒屋「炉ばたワコー」(大阪市中央区南本町3、06-6252-2757)が「炉ばた焼弁当」(700円)のテークアウトを始めて1カ月がたった。

あぶったベーコンが香ばしい「炉ばた焼弁当」

 同店は1972(昭和47)年、現店主・長澤拓哉さんの父親が創業。炉端焼きと魚介料理の居酒屋として営業するも、4月の大阪府の休業要請を受け営業時間を変更。18時からの営業時間を11時に前倒しして、ランチと弁当のテークアウトを開始した。店舗面積は12坪、席数はカウンター10席、テーブル40席。

[広告]

 「炉ばた焼弁当」は、おかずに店頭にある炉端焼きの具を3つ選び、その場で焼いてもらい容器に詰めるスタイル。テークアウトメニューには海鮮丼も提供する。「ぶっかけ海鮮丼」はヒラメやカジキマグロ、ヤイトガツオなど5種類の天然魚を海藻のギンバソウであえて、ご飯に載せて提供する。価格は700円。

 長澤さんは「4月は前年同月比で売上が70%減少した」と漏らすも、「大変なことも多いが、ありがたいことに常連さんに支えられている」と打ち明ける。周囲には夜の営業を休んだ飲食店が多いためか、新規のお客様も来るようになったと休業要請後の変化を話す。

 店では新型コロナウイルス感染防止のため、席の間を開けて客を案内。入店時には検温をして客の健康状態を確認する。

 長澤さんは「炉端焼きは盛り合わせのテークアウトも対応している。まだまだコロナには警戒が必要だが、これからもいろんなお客さんに来てもらい、店を楽しんでもらえたら」と期待を寄せる。

 営業時間は18時~翌2時(現在は11時~22時)。土曜・日曜・祝日定休(事前予約で開店)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。