暮らす・働く

西区・就職支援施設で就活用写真 撮影は架空フォトグラファー「内定トオル」

担当者の田川さん(中央)

担当者の田川さん(中央)

  •  
  •  

 民間の就職支援拠点「ハローライフ」(大阪市西区靱本町1、06-6147-3286)が、求職者を対象に履歴書に使う就活用写真の撮影サービスを開始した。

無人のスタジオでは、架空フォトグラファー「内定(うちさだ)トオル」の音声案内で撮影する

 同施設は2008(平成20)年設立のNPO法人「HELLOlife」が運営する。施設では就労・就業支援をする中で、履歴書の写真が面接前の第一印象を左右することに気付いたという。手頃な価格でその人の良さを引き出すような写真を提供したいと考えたことが、同サービスの開発につながった。

[広告]

 撮影は3階に設けられたスタジオで行う。架空のフォトグラファー「内定(うちさだ)トオル」が撮影するという設定で、音声案内に従って行う。無料で使えるメークグッズを用意し、スタッフに身だしなみの相談もできる。就職相談のサービスを受けられるプランもある。プランは7,500円から(2020年1月31日までの予約で1,000円割引のサービスあり)

 担当者の田川香絵さんは「仕上がりのクオリティーと価格にこだわった。その人らしさが写った証明写真で、自信を持って就職活動に臨んでもらえたら」と話す。

 開館時間は11時~19時。土曜・日曜・祝日休館。4月30日まで。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。