食べる

大阪本町にスタンディングバー ランチはハワイアン、夜はクラフトジンも

社長の蒋興(しょうこう)さんと店長の井上司さん

社長の蒋興(しょうこう)さんと店長の井上司さん

  •  
  •  

 スタンディングバー「VUVU(ブブ)」(大阪市西区阿波座1、TEL 080-2440-0505)が7月8日、大阪・本町にオープンした。

「骨付きカルビのBBQ」Mサイズのランチボックス

 旅行会社「森興」(北海道札幌市)が展開する初の飲食店。昼はハワイアンスタイルのランチ、夜はクラフトビールやクラフトジンを中心にアルコールや料理を提供する。店舗面積は約21坪。スタンディングのカウンターのほか、椅子有りのテーブル約16席を備える。

[広告]

 クラフトジンは、日本国内や海外から集めた約11種類をそろえる。「養命酒製造」(東京都渋谷区)が長野県で作る「香の森」や、リンゴの木で風味付けされたオーストラリア産の「APPLEWOOD GIN」(以上、ロック=700円、カクテルベース=800円)などを用意する。

 料理は、「カマンベールアヒージョ」(680円)、砕いたナッツを衣にして揚げた「ナッツのフィッシュ&チップス」(550円)、カナダの郷土料理「ベーコンプティーン」(650円)、店長の井上司さんの出身地である隠岐の島の味を再現した「FROM.隠岐の島のみそ焼きおにぎり」(350円)など、多様なジャンルの料理をそろえる。

 ランチは週替わりで、ハンバーグやバーベキュー風の焼き肉などハワイ風の料理を3種類用意する。価格は、ハーフサイズ=550円、Mサイズ=680円、Lサイズ=800円、MAXサイズ=980円、アルティメット(メイン3種類全て)=1,400円。テークアウト注文も受け付ける。

 井上さんは「ランチは女性客が6割ほどで、夜は男性客が7割ほど。現在は近隣会社員の方が中心客層だが、今後はカフェ営業も始める予定なので、ファミリー層など誰でも気軽に来てもらいたい」と意気込む。

 営業時間は、11時30分~14時、17時30分~24時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。