学ぶ・知る

大阪・北浜で「明治維新」と「新元号」時代重ねた経済講座 講師は岡田晃さん

講師の岡田晃客員教授

講師の岡田晃客員教授

  •  

 北浜・実践経営塾 番外編「平成から新時代へ-『明治150年』から学ぶ日本経済再生の展望」が2月20日、大阪経済大学 北浜キャンパス(大阪市中央区北浜1)で開催される。

大阪経済大学 北浜キャンパスの外観

 「北浜・実践経営塾」は2010年から開講する同大学の社会人向け講座シリーズ。通常は1回1,000円の受講料を取るが、番外編となる今回は無料で受講できる。講師は、同講座シリーズのコーディネーターを務める岡田晃客員教授。定員は50人。

[広告]

 岡田さんは経済テレビ番組「ワールドビジネスサテライト」のキャスターやコメンテーター、プロデューサーを務めた経験を持ち、昨年5月に著書「明治日本の産業革命遺産 ラストサムライの挑戦!技術立国ニッポンはここから始まった」を出版。同講座は、明治維新の時代背景を現代の平成から新元号へ移り変わる時代と重ね合わせ、新しい時代の日本経済を展望する内容を予定する。

 同大学の黒正洋史部長は「岡田さんは経済の専門家だが大の歴史好きでもある。明治維新や産業革命に貢献した中にはまだ知名度が低い人物や遺産もあるので、そうした部分をクローズアップして多くの人に知ってもらいたいと意気込んでいる」と話す。

 開催時間は18時30分~20時30分。受講無料。参加は申し込みフォームから受け付ける。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。