食べる 買う

大阪・京町堀にオーガニック食品専門店 日仏の架け橋に

店主のニコラ・ショバさん

店主のニコラ・ショバさん

  •  

 オーガニック食品専門店「Mon Jardin Secret(モン ジャルダン セクレ)」(大阪市西区京町堀1)が12月14日、大阪・京町堀にオープンした。

ラベンダー、ブドウの葉、ローズマリーなどをブレンドしたハーブティー

 スパイス、紅茶、ハーブティー、蜂蜜、食用オイルなどのオーガニック食品を販売する。扱う商品は全て同店オリジナルブランドで、フランスと日本の両方で販売している。店主のニコラ・ショバさんはフランスでオーガニック食品の開発に携わっていたが、日本でのデパート出店を機に日本で店を構えたいと考えるようになったという。

[広告]

 スパイスは、クローブ、クミン、ホワイトペッパー(以上1,188円)などをそろえる。チャイ用やスパイス料理用、コショウ3種類などのスパイスセットも用意する。

 紅茶はフランス式のブレンドで、香料は不使用。ストレートで楽しめる茶葉を多くそろえるという。ハーブティーは、ラベンダー、ブドウの葉、タイム、ローズマリーなどをブレンドした「Provencal Garden」や、古代マヤ文明のレシピに基づいてカカオ、唐辛子、生姜をブレンドしたという「Maya Ceremony」などを販売する。価格は大2,700円、小1,620円。

 蜂蜜はリンデン(菩提樹)、タンポポ、ブラックベリーなどの花から採取したものをそろえる。加熱処理をしていないのが特徴という。価格は大2,916円、小594円。食用オイルはアーモンドオイル、カメリアオイル、ヘーゼルナッツオイルなどを香水風のスプレー瓶に入れて販売する。

 フランス料理でのスパイスの使い方やフランス式の紅茶講座など、毎月テーマを変えて無料講座を開催する。講師はショバさん。参加予約はフェイスブックページで受け付ける。

 ショバさんは「安全でおいしく、パッケージデザインにもこだわったオーガニック食品を販売する。今後は小売りだけでなくレストランやホテルにも出荷する予定」と話す。

 「山椒やゆずなど日本のスパイスや茶をフランスで販売した際は大人気だった。自然に対する思いや地球に優しく、命を大切にするなどの文化面で日仏には共通する部分があると感じる。日仏の架け橋になれたら」とも。

 営業時間は11時~19時(日曜は17時まで)。水曜定休。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。