見る・遊ぶ

大阪本町で「クールジャパンフェスティバル」 大阪から日本の魅力発信

日本リファインライフクリエイター協会の土田彩華会長(右)と大場絵美子理事

日本リファインライフクリエイター協会の土田彩華会長(右)と大場絵美子理事

  •  

 日本の魅力を伝えることを目的としたイベント「Cool japan festival~日本の魅力発信~」が11月7日~9日、大阪・本町の「小原流研修会館」(大阪市中央区久太郎町4)で開催される。

食空間デザインコンテスト審査員の吉岡幸雄さん

 日本の魅力を発信する活動を行う団体「日本リファインライフクリエイター協会・和心ラボ」が主催する同イベントは、今年が初開催。同協会会長の土田彩華さんによると、1000人の来場者を見込むという。

[広告]

 土田さんは「来阪外国人数は2017年に1千万人を突破し、国内でも日本の文化や伝統への関心の高まりを感じている。もっと気軽に日本文化に触れることができるイベントができればと思い、企画した」と話す。

 会場では「Kawaii(かわいい)!」をテーマにした「第1回食空間デザインコンテスト」の最終審査に残った24作品を展示する。入場料は500円。審査員に料理研究家の杉本節子さん、空間デザイナーの間宮吉彦さん、「京菓子司・末富」(京都市下京区)会長の山口富蔵さん、染色史家の吉岡幸雄さんを招く。

 コンテストの授賞式は7日17時15分~20時30分、「TOYO KITCHIN STYLE Showroom」(中央区久太郎町4)で行う。授賞式に合わせ、占い師の手相王子・加藤景太さん、ドラァグクイーンのRuizさん、Bluerettさんなどを招き、日本の心をテーマにしたパーティーを開催する。パーティーでは、落語家の桂福龍さんによる英語落語会や太神楽曲芸師の豊来家幸輝さんによる太神楽曲芸も行う。参加費は、当日=8,500円、前売り=8,000円。

 コンテスト以外に、審査員も務める間宮さんによる講演会や、生け花や水引アクセサリー作りなどのワークショップが行われるほか、日本文化をテーマにした商品を扱う物販コーナーを設ける。

 土田さんは「今後3年は毎年開催し、ゆくゆくは外国人観光客の方にも多く来場していただけるイベントにできれば」と意気込む。

 各イベントの参加費や開催時間はホームページに掲載する。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。