見る・遊ぶ

大阪・靱公園で秋のバラ祭 「世界スーパージュニアテニス」盛り上げる

開催時の様子(写真提供=靱公園くらしとみどりネットワーク)

開催時の様子(写真提供=靱公園くらしとみどりネットワーク)

  •  

 「靱公園 秋のバラ祭2018 ~ビッグ・ウェルカム・スーパージュニア~」が10月13日・14日、大阪・靱公園で開催される。主催は有志市民団体「靱公園くらしとみどりネットワーク」。

限定メニューのスコッチエッグ

 2006年に開園50周年記念イベントを官民一体で開催したことをきっかけに、翌2007年から毎年5月に「靱公園バラ祭~くらしとみどりフェスタ~」として開いていたが、2017年の開催を最後に「公園や周囲のにぎわいを創出する」という当初の目的をある程度達成したとして終了を発表。今回は新たに「秋のバラ祭」として初開催となる。

[広告]

 代表の前波豊さんによると、今回は靱公園内にある靱テニスセンター(大阪市西区靱本町2)で、同日程に予選、15日~21日に本戦が行われる「世界スーパージュニアテニス」を盛り上げるために企画したという。

 両日とも、「ケヤキ並木のふれあいカフェ」としてカフェなど約30店舗が屋台を出店する。14日は13時から「ローズガーデン・サンデーアフタヌーンコンサート」として、「PEPE Django」「GIA RHYTHM」など5組のアーティストが演奏を行う。

 13日は10時、14日は12時15分から「オリックス・バファローズ チアダンスアカデミー」の生徒によるオープニングパフォーマンスも行う。

 関連イベントとして13日~21日、「うつぼパークサイドグリル壽(じゅ)」(大阪市西区京町堀1)で「テニスバー」を開く。期間中限定メニューとして「テニスボール・スコッチエッグの特別セット」(1,000円)を提供する。営業時間は11時30分~21時30分。水曜定休。

 前波さんは「来年以降も続けて開催できればと思っている。毎年秋は街を挙げてテニスを応援できれば」と意気込む。

 開催時間は10時~16時30分。入園無料。コンサートは雨天中止。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。