新型コロナ関連大阪市の現在陽性者数は1,758…

プレスリリース

特別展「クレパス画名作展」2月10日開幕 -近代の巨匠から現代の作家まで 表現の広がりと可能性を求めて-

リリース発行企業:株式会社産業経済新聞社

情報提供:

描く楽しさは、クレパスから始まった―。特別展「クレパス画名作展」(産経新聞社など主催)を、2月10日から3月14日まで東大阪市民美術センター( https://higashiosaka-art.org )で開催します。


舟越桂《習作》2002年 サクラアートミュージアム蔵

「子どものころ、初めて手に取った画材はクレパスだった」。そんな郷愁と親しみ深さから、クレパスは子ども向けの画材というイメージがありますが、多くの作家がその風合いに魅了され、クレパスを使うことにより表現の幅を広げてきました。
本展ではそんなクレパスに魅了された近代日本画壇の巨匠から現代美術作家まで、約80人の作家によるクレパス画100点を一堂に紹介します。
梅原龍三郎、小磯良平、岡本太郎、舟越桂、鴻池朋子、絹谷香菜子などによる作品から、クレパスによる多彩な表現方法とその広がり、可能性に迫ります。

【会期】2月10日(水)~3月14日(日)
【会場】東大阪市民美術センター(大阪府東大阪市吉田6-7-22)
※近鉄奈良線「東花園」駅より北へ徒歩約10分、東大阪市花園ラグビー場南側
【開館時間】午前10時~午後5時まで(入場は、閉館時間の30分前まで)
※3月5日(金)は、午後8時まで開館
【休館日】月曜日
※月曜日が祝休日の場合は、翌日休館
【入場料】500円
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(介助者1名を含む)、65歳以上(生年月日が記載されたものの提示が必要)は無料
【主催】
東大阪市民美術センター(指定管理者 東大阪花園活性化マネジメント共同体HOS株式会社)、産経新聞社
【協力】
サクラアートミュージアム、株式会社サクラクレパス、株式会社ターレンスジャパン、株式会社アムス
【お問い合わせ】東大阪市民美術センター 電話:072-964-1313

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。