3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

信和建設が施工していた「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」 6月30日(火)ついに竣工!

リリース発行企業:信和建設株式会社

情報提供:

信和建設株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:丸尾順治)は、2019年1月より「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」の新築工事に着手しておりました。「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」は、世界最大のホテルチェーンマリオット・インターナショナルブランドの中で、2020年日本初進出をした「フェアフィールド・バイ・マリオット」(Fairfield by Marriott)の日本における第2号ホテルであり、2020年6月30日(火)に竣工しましたことをお知らせいたします。


<フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波>


「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」外観

外観はそこはかとない和の風情をまとうモダニズムデザインです。日本伝統の格子を取り入れ、色彩は温かみのあるウォームグレーを基調色として先進的でありながら、どこか懐かしく温かみのある装いとしています。ランドスケープには水都大阪の川の流れをイメージし、水面に落ちた花々が優雅に流れる様子を表現した「花筏」をテーマとして日本の四季を感じられる優雅な庭園で訪れる人をくつろぎの空間へ誘います。

「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」1階


「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」1階
インテリアのコンセプトは「Unleash the mind(心を解き放つ)」。街の喧噪を離れ緊張から解き放たれる、人々が家路についたときの様な心の安らぎを感じる空間となっております。温かみのある白、彩度を抑えた木、ブランドカラーのブルーを中心に構成された空間がゲストを包み込み、心地よい時間が流れます。また「水都大阪の川の流れ」「江戸時代に難波で栽培されていたという難波水藍のブルー」といった大阪難波のローカリティーをエッセンスとして各所のデザインに取り入れています。1Fのロビーやレストランでは、朝・昼・夜と時間と共に移り変わるこだわりの照明演出を行い、表情豊かなホテル空間を演出しています。

「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」客室


■施設詳細情報
所 在 地 :大阪市浪速区元町2丁目3番25号
交通アクセス:JR難波駅、南海電鉄・大阪メトロ難波駅 徒歩5分
敷 地 面 積 :1,669.48平方メートル  (登記簿面積)
延 床 面 積 :10,978.96平方メートル
構   造 :鉄骨造
階   数 :地上14階建
客 室 数 :全300室(ツインルーム:156室、キングルーム:143室、バリアフリー:1室)
附 帯 施 設 :レストラン(一部会議室用途として利用可)・ジム・駐車場
運営開始日 :2020年7月1日(水)
施 工 会 社 :信和建設株式会社

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。