プレスリリース

韓国Finetex EnE Inc.とのナノファイバー製品のグローバル販売に関する業務提携について

リリース発行企業:株式会社ヤギ

情報提供:

 繊維専門商社の株式会社ヤギ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:八木 隆夫、以下、「ヤギ」)は、ナノファイバー製品の製造を手掛ける韓国Finetex EnE Inc.(本社:韓国ソウル特別市、CEO:Kim Yong Won、以下、「FTEnE」)とナノファイバー製品の(韓国を除く)グローバル販売に関する販売契約を締結し、業務提携を行いました。更に ヤギからの出資を含む、資本業務提携の独占的交渉を開始しましたので、お知らせいたします。




1.背景・目的
 ヤギは繊維業界のリーディングカンパニーを目指し、幅広い分野(原料・テキスタイル・繊維二次製品・ブランドビジネス)において独自の企画提案力と高品質なもの作りに携わってきました。中期経営計画「SPARKS 2020」においては、重点方針である「新領域への挑戦」を掲げ、オンリーワンの商材とサービスの開発・展開に取り組んでいます。
 この度の業務提携は、FTEnE社及び当社の経営資源を有効活用し、産業資材・衣料・衛材の領域において、ナノファイバー製品のグローバル販売を展開することを目的としております。

 ナノファイバーは1本の太さが100nm(ナノメートル)以下、髪の毛の500分の1程度の細さという極細繊維です。従来のマイクロファイバーに比べて高比表面積、高空隙率、軽量、微細なポア(孔径)、薄さ、滑らかさなどの特徴があり、疎水性(撥水)や親水性(高吸水性)、透過性に優れていることから、現在は衣類のみならずメディカルや電気・電子分野まで幅広く研究開発が進んでいます。

 FTEnEは、信州大学繊維学部との研究開発により、電界紡糸法の量産型ナノファイバー製品で世界最高水準の技術力と経験を有するTOPTECグループに属しております。当該グループの製造するナノファイバー製品は、世界的に高い評価を受けるとともに、高品質なナノファイバーの特性を活用した展開領域の拡大が期待されています。

 ヤギは、この度そのFTEnEとナノファイバー製品のグローバル販売に関する契約を締結しましたが、より関係性を強化するため、同社への出資を含めた資本業務提携交渉を開始致しました。

2.今後の展開について
 衣料(通気性のある透湿防水衣料)や産業資材(フィルター、車両資材等)、衛材(マスク、ナプキン等)の各領域に、革新的素材として高付加価値な提案を進めてまいります。
 ヤギは、2020年1月29日(水)~31日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「nano tech2020(国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)」に出展します。

『nano tech2020(国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)』出展概要
日時:2020年1月29日(水)~31日(金)10:00~17:00
会場:「東京ビッグサイト」東京都江東区有明3丁目11−1
ブースナンバー:1W-A04

3.各社・大学の概要
Finetex EnE Inc.
設立時期:  1997年6月
代表者:   Kim Yong Won, CEO
所在地:   23-1, Hyoryeong-ro, Seocho-gu, Seoul 06694(韓国)
事業内容:  ナノファイバーメンブレン及び生地、フィルター、マスク等の製造
URL:    http://www.ftene.com

国立大学法人信州大学 繊維学部
設立時期:  1949年5月
学部長:   下坂 誠
所在地:   長野県上田市常田3-15-1
概要:
信州大学繊維学部の前身の上田蚕糸専門学校(官立)は、1910(明治43)年に設立。国内で唯一の繊維学部として、ファイバー工学領域の国際的教育研究拠点として認知されている。基盤から最先端までの教育研究、産学官連携や国際連携をはじめとした多様な連携を通して、新時代の "ファイバー工学" をさらに進化させるべく取り組みを行っている。
URL: http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/textiles/

4.今後の見通し
本件が当社業績に与える影響は軽微であります。今後、業績に重要な影響を与える見込みが生じた場合は、その内容を速やかに開示いたします。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。