食べる 暮らす・働く

大阪・本町に魚料理専門店「一豊」 元「スシロー」社長が経営

「一豊 道修町店」店長の乾豊さん

「一豊 道修町店」店長の乾豊さん

  •  

 大阪・本町に11月20日、魚を中心とした和食店「魚食処 一豊(かずとよ) 道修町店」(大阪市中央区道修町4、TEL 06-6484-5243)がオープンした。

定食のメイン料理「サバの煮付け」

 回転すしチェーンの「スシロー」で社長を務めていた豊崎賢一さんが経営する同店。「すしはどこでも、誰にでも食べられるようになったが、次は大人においしい魚をリーズナブルに提供したい」という思いで開店したという。店舗面積は約60坪。席数は1階38席、2階40席。全席禁煙。

[広告]

 ランチタイム、ディナータイムの両方で定食メニューを用意する。定食はメイン料理に、お造り、小鉢3品、みそ汁、ご飯、漬物が付く。「おまかせ定食」(1,404円)は、旬の魚のお造りや煮付け、塩焼きなどのメニューから1品をメイン料理として提供する。「キンメダイ定食」(1,728円)などの定食はメインとなる魚の調理法を「焼く」、「煮る」から、「あわび定食」(1,512円)などの定食は「バター焼き」、「天ぷら」から選ぶことができる。

 ディナータイムは、定食メニューの提供方法をお膳で一度に出すか、コース料理のように順番に出すかを客が選べる。「愛媛 活〆ぶり」(972円)、「千葉 白はまぐり天ぷら」(864円)などの一品料理や、要予約の「旬魚コース」(3,456円)といったコース料理も提供する。

 豊崎さんは「日本人は魚が好きだが、おいしい魚をリーズナブルに食べられる店はまだまだ少ない。魚が好きな人たちの期待に応えられるように、新メニューなども開発していきたい」と話す。

 営業時間は、11時~15時、17時~22時(土曜は21時まで)。日曜・祝日定休。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。