3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く

大阪・本町の坐摩神社で音楽・芸術祭 野外ステージでオペラ「椿姫」上演

昨年度開催時の様子(写真提供=坐摩神社)

昨年度開催時の様子(写真提供=坐摩神社)

  • 147

  •  

 大阪・本町の「坐摩(いかすり)神社」(大阪市中央区久太郎町4、TEL 06-6251-4792)で10月7日、「せんば鎮守の杜(ちんじゅのもり)芸術祭」が開催される。

昨年の「せんば鎮守の杜芸術祭」夜の部の様子

 2005年から毎年開催する同イベントは今年で12回目。野外特設ステージを設置し、昼と夜の2部構成で開催する。

[広告]

 昼の部となる「音楽祭」では、関西で活動する14団体による、吹奏楽の演奏や合唱、マンドリン演奏、フラダンスなどのパフォーマンスと、若手オペラ歌手によるオペラコンサートを行う。

 夜の部となる「芸術祭」では、ヴェルディオペラ「椿姫(つばきひめ)」を上演。担当者は「関西を代表する若手実力派オペラ歌手の歌声が楽しめる」と話す。ヴィオレッタ役を斉戸英美子さん、ジェルモン役を田中由也さん、アルフレード役を西影星二さんが演じる。特別ゲストとして法村友井バレエ団を招く。

 会場内では「ザマサン・マルシェ」を同時開催。焼き菓子やコーヒー、パスタ、アルコール類などを販売する。

 開催時間は、昼の部=12時~16時30分、夜の部=18時~20時30分。料金は夜の部のみ、前売り=3,500円、当日券=3,900円。雨天時は坐摩神社会館で開催。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。