見る・遊ぶ 暮らす・働く

大阪・御堂会館跡地で17階建てビル着工 「エクセルホテル東急」出店予定

「エクセルホテル東急」が出店を予定するビルの外観イメージ(画像提供=東急ホテルズ)

「エクセルホテル東急」が出店を予定するビルの外観イメージ(画像提供=東急ホテルズ)

  •  
  •  

 大阪・本町の南御堂に隣接した「御堂会館」の跡地(大阪市中央区久太郎町4)で9月7日、「エクセルホテル東急」が営業を予定する17階建てビルの起工式が行われた。

「大阪万華鏡」をコンセプトとした内装デザインのイメージ

 南御堂の山門を兼ねた施設「御堂会館」は、建物の老朽化などの影響で2016年1月に休館。施設は解体され、「積和不動産関西」(北区)が建替事業者となり、地上17階建てビルの建設を開始した。

[広告]

 同ビルは、「東急ホテルズ」(東京都渋谷区)が運営する「(仮称)大阪エクセルホテル東急」を主な用途とする複合施設となる。「エクセルホテル東急」のブランドとしては関西初、全国11店舗目の出店。「日本初 寺院山門一体のホテル」として開業を予定する。

 内装デザインのコンセプトは「大阪万華鏡」。担当者によると「大阪という街の輝きを表現する万華鏡をイメージした模様をロビー、レストラン、客室など室内全体にあしらう」という。

 同ホテルはフロントロビーを16階に配置し、5~15階に約360室の客室、17階にはレストランや、イベントに使用可能な多目的スペースなどを設ける。全客室でバス・トイレ・洗面を分離し、上層階には「プレミアムルーム(仮称)」の設置を検討する。

 ホテル開業は2019年度を予定。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。