食べる 暮らす・働く

大阪本町に「幸せのパンケーキ」2号店 産地こだわりの食材で

1枚1枚の高さが2㎝ほどある「幸せのパンケーキ」

1枚1枚の高さが2㎝ほどある「幸せのパンケーキ」

  •  
  •  

 大阪・本町の中央大通り沿いに「幸せのパンケーキ本町店」(大阪市西区西本町1、TEL 06-6616-9363)がオープンして2カ月がたった。

ふわふわの生地がじっくりと焼き上げられる様子

 関西や東京で店舗や住宅の内装業を手掛ける「HRK」(豊中市)が運営する同店。南船場店(中央区南船場)に次ぐ2号店となる。席数は24席(全席禁煙)、想定客単価は1,300円。

[広告]

 もともとブライダル用に作られていた「幸せのパンケーキ」だが、「もっと広めていきたい」という要望をきっかけに、同社が実店舗での販売に踏み切った。今後は客層が異なる郊外の地域や、梅田や阿倍野など、さらに人の集まる繁華街への店舗展開も考えているという。

 ベーキングパウダーを使わず、卵を使ってふわふわに焼き上げるのが特長の「幸せのパンケーキ」は、1日平均で平日60食、土曜・日曜は100食を売り上げるという。ニュージーランド産の純度92%マヌカハニーや、北海道産牛乳で作った発酵バター、できるだけ自然な状態で飼育しているという鶏が生んだ丹波の「寿恵卵(じゅけいらん)」など、産地にこだわった食材を使う。

 同店の長安裕喜さんは「大型店舗を構えて利益を重視するよりも、こだわりのパンケーキをゆっくりと味わっていただきたい。そのほうが愛される店になるのではと思った。うちの商品が『パンケーキの定番』になればうれしい」と話す。

 メニューは、一番人気の「幸せのパンケーキ」(1,100円)をはじめ、「季節のフレッシュフルーツパンケーキ」(1,390円)などのスイーツパンケーキ4種類、食事にもなる「厚切りベーコンとスクランブルエッグのパンケーキ」(1,280円)などミールパンケーキ4種類。200円追加でドリンク付きのセットも用意する。ドリンクは、「オーガニックブレンド(コーヒー)」(430円)、「アールグレイ」(550円)、「ミックスベリーミルク」(600円)など。

 営業時間は10時~20時。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。