3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

靱公園でバラの開花始まる テープなどで「密集作らないように」

市民の配慮?マスクを着用する家族像(4月30日撮影)

市民の配慮?マスクを着用する家族像(4月30日撮影)

  • 12

  •  

 大阪市西区の靱公園でバラの開花が始まった。

水の止まった噴水と人の少ない芝生

 東西に伸びる靱公園の総面積は約9000平方メートルで、敷地内におよそ170品種3400株のバラが植えられている。春のバラの見頃は毎年5月上旬から6月中旬で、4月下旬から園内のあちこちでバラの開花が見られた。

[広告]

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、園内の噴水や小川の水は4月28日から停止。中に人が入らないようビニールテープが張り巡らされ、「密集を作らないよう配慮をお願いいたします」という注意書きを掲示している。

 靱公園を管理する大阪城公園事務所によると、全国各地で人の密集を避けるためチューリップや藤の花を刈り取っているが「靱公園ではバラをそのような理由で刈り取る予定はない」としている。

 噴水や小川の再開は未定。

Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。