見る・遊ぶ 買う

大阪・本町に「しめつけない下着」期間限定店 桜色など10色そろえる

松本社長とスタッフ

松本社長とスタッフ

  • 82

  •  

 ポップアップショップのイベント「Puntoe お花見サロン」が4月2日から、大阪・本町のイベントスペース「多目的空間iroiro」(大阪市西区靭本町1)で開かれる。主催は「rutile(ルチル)」(京都市)。

花のような淡い色のショーツ

 松本奈月社長はジュエリーブランド「rutile」を立ち上げ、百貨店などで販売していた。2014年、「体を締め付けない下着がほしい」と思い立ち、絹素材でできるだけゴムを使わない縫製方法を探りながら下着ブランド「Puntoe(プントゥ)」をスタートしたという。

[広告]

 商品はショーツ(3,500円~)、ブラジャー、キャミソール(以上9,000円~)など約30種。アイテムによっては10色を展開する。商品はネット通販をメーンに展開するほか、年に数回ポップアップショップで展示販売している。

 イベントは輸入下着販売「エクラ」(大阪市中央区)の「#花咲くランジェリーてん」との同時開催。松本さんは「桜開花の時期に合わせて半年前から準備を整えてきた。大きな窓を開けて春の訪れと心がウキウキするような色を楽しんでほしい」と笑顔を見せる。

 開催時間は11時~18時(6日・7日は休み)。予約制。申し込みはホームページで受け付ける。4月8日まで。 

※上記イベントは新型コロナウイルス対策により中止となりました。(4月1日発表)

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。