食べる 買う

大阪・靱本町にアパレルショップ&カフェ 日本製のデニムなど販売

スタッフの熊崎孝彦さん、小笠原弘さん

スタッフの熊崎孝彦さん、小笠原弘さん

  •  
  •  

 アパレルショップ「JELADO WEST(ジェラード ウェスト)」(大阪市西区靱本町1、TEL 06-6147-8645)とカフェ「CLUTCH CAFE(クラッチ カフェ)」(同)が2月27日、大阪・靱本町に同時オープンした。

「CLUTCH CAFE」のラテ

 東京に2店舗を構えるアパレルブランド「JELADO」が関西初出店。ロンドン発のコーヒースタンド「CLUTCH CAFE」を店内に併設する。「CLUTCH CAFE」のロンドン本店で「JELADO」の商品を取り扱っている。店舗面積は約40坪。現在座席は設けていないが、10席ほどを設置予定。

[広告]

 服はアメリカンビンテージを現代風にアレンジした男性向けのデニムやシャツなどを中心に、日本製の商品を取り扱う。東京の店舗では男性客が中心だが、同店では女性客も多く、流行のオーバーサイズ・ファッションとして購入しているという。

 カフェは、ロンドンの焙煎(ばいせん)所「ダークアーツコーヒー」で焙煎されたコーヒー豆を使ったエスプレッソ(380円)、マキアート、アメリカーノ(以上400円)などのコーヒーをそろえる。バリスタの西川直人さんによると、一番人気はエスプレッソにスチームミルクを入れた「ラテ」(480円)で、温度にこだわることでミルク本来の甘さを出しているのが特徴という。

 西川さんは「JELADOは日本の職人による手仕事やものづくりを若い人に『かっこいい』と感じてほしいという思いがあるブランド。物の良さを知ってリピーターやファンになる人も多い」と話す。

 立地について「靭公園周辺はアパレル店の多い場所ではないが、落ち着いた雰囲気で商品について顧客と会話できるのが魅力。関西の人たちにブランドの世界観を伝えていきたい」とも。

 営業時間は11時~20時。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。