買う

大阪・靭公園近くで「うつわいち」 陶器など販売、和服の来場者に特典も

出店する「CRAFT ARTS 天」の金子夢土さん(写真提供=TREE-C FURNITURE)

出店する「CRAFT ARTS 天」の金子夢土さん(写真提供=TREE-C FURNITURE)

  •  
  •  

 器の販売イベント「うつぼのほのぼのうつわいち vol.2」が4月27日・28日、大阪・靱本町近くのオーダー家具店「TREE-C FURNITURE」(大阪市西区靱本町1)周辺で開催される。

前回開催時の様子

 会場となる同店と、器と雑貨の店「dandeliOn」(靱本町1)の共催イベント。前回は昨年11月に開催し、今回は2回目となる。2日間合わせて10店舗が出店し、うち5店舗が初出店する。ちょこ専門で作陶する「ochocoya」、陶製アクセサリーを制作・販売する「nakanaka」など、前回と比べ器作家本人の出店が多いという。

[広告]

 飲食の出店は、「TREE-C FURNITURE」の系列カフェ「BLUE+BLUE」(靱本町1)が営業するほか、ラーメン・イタリア料理店「Coccinella(コッチネッラ)」(京町堀3)が会場に出張し「魚介まぜそば」を販売する。

 和装の来場者には、先着で箸置きを贈呈するほか、「BLUE+BLUE」で1ドリンクをサービスする。前回はイベントのためにレンタルした和装で来場した人もいたという。

 イベント売上金の一部は、靭公園を含む、大阪市西区内の環境美化・緑化に関する事業へ寄付する。

 「dandeliOn」の野田啓介さんは「前回は吹田や西宮など関西の各地から幅広い年齢層の器好きが来場した。近隣の器販売店を回る中で来場する人も。今後もビジネス街の陶器市として、春・秋の年2回開催を続けていきたい」と話す。

 開催時間は11時~16時。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。