買う

大阪・靱本町に自転車販売店「vianova」 自社デザイン商品も

店長の山本雅人さん

店長の山本雅人さん

  •  

 自転車販売店「サイクルショップ vianova(ヴィアノヴァ) うつぼ本町店」(大阪市西区靱本町1、TEL 06-6443-6123)が12月21日、大阪・靱本町にオープンした。

自社デザインの自転車

 堺市と泉大津市に計3店舗を展開しており、同店は大阪市内初進出店。店名の「vianova」はラテン語で「新しい道」を意味する言葉から付けたという。店舗面積は約34坪。

[広告]

 自社デザインの自転車を含むシティーサイクル、ファミリーサイクルを中心に販売する。社長の木村裕治さんは「自社ブランド自転車は他メーカーにないような色展開で、カゴやハンドル、サドルなどのカスタムパーツも豊富にそろえていく。自転車がおしゃれの一部であってほしい」と話す。

 自社デザインの自転車は「フェリークス」(2万7,980円)、「ブリーズ」(1万8,980円)、「ピース」(1万4,980円)などのシティーサイクル、ファミリーサイクルをそろえる。現在も新デザインの開発を進めているという。

 修理メニューは、パンク修理(1カ所700円)、サドル交換(300円)、ライト取り付け(200円)、簡易点検(463円)など。新車購入者限定で怪我の補償1年と無料点検2年が付く「via会員」に1,400円(価格は全て税別)で入会できる。

 木村さんは「地域密着型で、地元に愛される自転車店にしたい。系列店では大根を持って訪ねてくれるお客さんもいた。無料の空気入れもなるべく店員が行うようにするなど、お客さんと店員が会話する機会を多く持てるよう工夫していく」と意気込む。

 営業時間は10時~20時。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。