暮らす・働く

本町の空きビル4階に駐輪場 スポーツ自転車に特化し多店舗展開を加速

室内型駐輪場「ヴェロスタ」代表の大崎弘子さん

室内型駐輪場「ヴェロスタ」代表の大崎弘子さん

  •  
  •  

 船場センタービル近くの三休橋筋沿いのビル4階に8月3日、スポーツ自転車に特化した室内型駐輪場「velo-st(ヴェロスタ)三休橋筋店」(大阪市中央区久太郎町3)がオープンした。

室内型駐輪場「ヴェロスタ三休橋筋店」室内の様子

 同店は昨年6月にオープンした「ヴェロスタ堺筋店」(中央区)に次ぐ2号店。店舗面積は24坪、駐輪台数は57台。運営はヴェロスタ合同会社(平野区)。

[広告]

 近年人気が高まっているロードバイクやクロスバイクなどの、スポーツ自転車を通勤手段として利用している愛好家を対象とした駐輪サービス。大阪市内の駅近辺に月決め駐輪場が少ないという課題に着目し、「自転車通勤したい人が集まって、ビルの一室をシェアする」という解決策から始まった事業。

 スタンドを設置したビルの一室に自転車を縦型に駐輪する仕組みで、入室は会員限定のICカードで管理し、自転車は24時間出し入れ可能。更衣スペースや水道、スポーツ自転車専用の空気入れなども用意する。利用者しか入れないため、盗難のリスクも低いという。2号店ではエレベーターを利用して自転車を4階に運ぶ。

 同社代表社員の大崎弘子さんは「利用者は大阪市内で働く会社員が多い。スーツや革靴などを駐輪場内に置き、スポーツスタイルから着替えて出勤している」と話す。

 定数25台の1号店は20人以上キャンセル待ち状態が続いていたという。「フランチャイズ展開を始めており、大阪市内を中心に現在15件の計画が進んでいる」と大崎さん。「大阪市内に駐輪場を増やしたいと思って活動してきた。1人では限界があるので、今後は趣旨に賛同してくれる事業者と共に、どんどん駐輪場を増やしていきたい」とも。

 利用時間は24時間。利用料金は月額6,480円。駐輪場運営の説明会などの情報はホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。