食べる

大阪本町にベトナム料理店「ふぉーの店」 枚方から大阪市内進出

店長の鷹子誠さん(右)とスタッフ

店長の鷹子誠さん(右)とスタッフ

  •  

 「ベトナム料理 ふぉーの店 本町店」(大阪市中央区南本町3、TEL 06-6258-8837)が10月17日、大阪・本町にオープンした。

自社農園の野菜を使う「新鮮野菜のふぉー」

 交野市に本社を置く「野村工務店」の飲食部門「キャッツ・パジャマ」が運営する。1号店は枚方市にあり、本町店は2号店。店舗面積は38坪。席数は25席。

[広告]

 国産米粉と岐阜県で採取した天然水を使い自社で手作りする生麺の「フォー」が看板メニュー。交野市南星台にある自社農園で栽培したパクチーなどの野菜を使う。

 ランチでは「新鮮野菜のふぉーとコムガーセット」や「鶏のふぉーと豚の角煮ごはんセット」(以上980円)などのセットメニューが人気という。「牛のふぉー」(880円)、「たっぷりアサリとワカメのふぉー」(980円)など単品のフォーも用意する。

 ディナーでは、季節に合わせて具を変更するという「生春巻き」や、「ニャチャン地方のミンチ揚げ春巻き」「ベトナム風鶏の唐揚げ」(以上580円)、「スパイシーチキンハノイ仕上げ」(1,180円)、オリーブオイルとヌックマムを使う「きのこと野菜のベトナムアヒージョ」(980円)などが評判という。

 デザートはベトナムのスイーツ「チェ」(680円)をグラスに入れたパフェ風の盛り付けで提供する。ドリンクはベトナムの焼酎「ハリコルアモイ」(550円)や「ハリコネップモイ」(650円)、ベトナムのビール「333」「サイゴンスペシャル」(以上600円)などを用意する。

 テークアウトメニューとして、ベトナムのサンドイッチ「バインミー」4種類を販売する。サイズはレギュラー(680~750円)とハーフ(350~380円)の2種類。ハーフサイズのバインミーと自家製スープ、ドリンクMサイズをセットにした「ハーフサイズ3点セット」(500~550円)も販売する。

 店長の鷹子(たかこ)誠さんは「素材にこだわったフォーのおいしさを広めるため、人通りが多く集客が見込める本町に出店した。今後も関西を中心にさらに出店を進めたい」と話す。

 営業時間は、11時~15時、17時30分~23時。日曜・祝日定休。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。