食べる

大阪・肥後橋に「鯛担麺」専門店 愛媛県宇和島産の鯛使う

店の前に立つ宇野店長(右端)とスタッフ

店の前に立つ宇野店長(右端)とスタッフ

  •  

 大阪・肥後橋に8月1日、「鯛担麺(たいたんめん)専門店 抱きしめ鯛」(大阪市西区江戸堀1、TEL 06-6225-7747)がオープンした。

汁ありの「鯛担麺」と鯛めし

 東京でラーメン店「鯛塩そば縁(えにし)」などの飲食店を経営する「縁petit(エンプティ)」(東京都)の大阪初進出店。愛媛県宇和島産の鯛と北海道産の昆布から取るだしを使った、辛みのあるラーメン「鯛担麺」を提供する。席数は16席。全席禁煙。

[広告]

 「鯛担麺」は辛さ5段階、汁あり・なしを選べる。同店の基準となる辛さの「ベース」は汁あり・なし共に850円。「鯛担麺」と「鯛めし」(単品280円)のセットは1,000円。

 ランチタイムには、夏季限定の「冷やし鯛ラーメン」(880円)を提供する。「鯛の昆布水つけ麺」(980円)は夜営業限定での提供。

 替え玉(100円)のほか、チーズなどがのった味付きの替え玉「和(あ)え玉」(200円)も用意する。

 ビールは「アサヒスーパードライ」「ハートランド」「エビス」など5種類そろえる。ほかに「自家製レモンサワー」、ハイボール(以上380円)などのアルコールを用意する。

 店長の宇野正識さんは「フレンチで12年修業し、ラーメンが好きという思いから店長になった。和の食材とフレンチの技術を合わせた『鯛担麺』の味を、老若男女問わず幅広い客層に知ってほしい」と意気込む。

 営業時間は、11時~14時30分、17時30分~22時。日曜定休。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。