天気予報

12

6

みん経トピックス

大阪の肉料理店が3周年大阪・北浜にホテル京阪開業

大阪・阿波座にサンドイッチとサラダの店 夫婦で素材の組み合わせ研究

大阪・阿波座にサンドイッチとサラダの店 夫婦で素材の組み合わせ研究

「juicy’s laboratory」オーナーのさいとうゆうきさんと妻のけいこさん

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・阿波座に7月7日、サンドイッチとサラダの店「juicy’s laboratory(ジューシーズ ラボラトリー)」(大阪市西区靱本町2、TEL 06-7508-5684)がオープンした。

「juicy’s laboratory」のケバブサンド

 コンセプトは「『ジューシー』な肉や野菜を組み合わせた、オリジナルのサンドイッチやサラダを『研究』していく店」。店内は白を基調とし、調理スペースとイートインスペースが半々の作りとなっている。

 オーナーのさいとうゆうきさんは大阪で7年間、ケバブの移動販売を行い、米サンフランシスコやニューヨークでの視察を経て同店を開いた。妻のけいこさんは西本町でサンドイッチ店「グッドタイム」を経営しており、メニューは夫婦で考えているという。

 一番人気はグリルケバブサンドの「JUICYS ORIGINAL」(600円)で、全体の3分の2の客が注文しているという。神奈川県から手作りのピタパンを取り寄せ、ケバブの専用機器で焼いたグリルチキンと、トマト、ピーマン、キュウリ、グリーンリーフなどの野菜を挟んでいる。ほか、自家製韓国風ドレッシングを使った「RE-FRESH SALAD」(700円)や、ドライカレーにグリルチキンと素揚げ野菜を載せた「CHICKEN OVER RICE」(1,100円)も人気という。

 事前の予約注文も受け付ける。「相談いただければ100個など大量注文にも対応できる」とさいとうさん。「年配の方から若い人まで幅広い年代に、肉と野菜を気軽にたくさん、安心して食べてもらえたら」とも。

 営業時間は11時~19時。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ぶたたん(194円)。肉と一緒に玉ネギを刺すことも特徴となっている。(写真提供=室蘭焼鳥 ひなた家)
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。

アクセスランキング