食べる

北浜のサロン喫茶で紅茶教室-戦後の紅茶ヒストリーをレクチャー

純日本紅茶ブランドの第一人者、堀江敏樹さんを招いて紅茶教室を開催

純日本紅茶ブランドの第一人者、堀江敏樹さんを招いて紅茶教室を開催

  •  
  •  

 北浜にあるサロン喫茶「フレイムハウス」(大阪市中央区淡路町1、TEL 06-6226-0107)が5月31日、堀江敏樹さんを迎えて紅茶教室「Mr.Tさんのユニークお茶会」を開く。

さまざまな紅茶が並ぶ堀江氏さんのお店「MUSICA TEA」(芦屋市)

 紅茶教室を月1回開く「アトリエ希果」の納多寿惠子さんは「初めて堀江さんを迎えて、茶商・紅茶の専門店ならではの視点と、紅茶愛好家の豊富な紅茶人生から学ぶユニークなお茶会にしたい」と話す。

[広告]

 講師の堀江さんは1952(昭和27)年の創業以来、関西から戦後の紅茶文化普及に務めてきた「MUSICA TEA」のオーナー。「紅茶は日本茶と同じように気軽に楽しめるもので、特別な技術は必要なく、しっかりティーポットを使って茶葉を対流させ、葉の本来の味を知ってほしい」という。著書に「紅茶の本」「カルカッタのチャイやさん」(南船北馬社)などがある。

 今回は「戦後の紅茶ヒストリー編」として、日本で紅茶輸入が自由化された1971(昭和46)年以降の日本における紅茶文化や、リプトンをはじめとする当時の紅茶ブランドなど、初心者も楽しめる内容。今年の春摘みのファーストフラッシュを飲みながら「奥深い紅茶の世界を知る」という。

 開催時間は15時~16時30分。参加費は4,000円(紅茶・お菓子セット付き)。問い合わせはフレイムハウスまで。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。