天気予報

33

24

みん経トピックス

大阪船場まち歩きが定員超え大阪本町に温泉付きホテル

大阪「北浜テラス」の川床開き 2店が初参加、連携イベントも

大阪「北浜テラス」の川床開き 2店が初参加、連携イベントも

土佐堀川の船から安全祈願の神事を執り行う、少彦名神社の別所俊顕名誉宮司

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・土佐堀川沿いの春の恒例イベント「北浜テラス」の川床開きに先立ち、少彦名(すくなひこな)神社(大阪市中央区道修町2)で3月25日、「川床安全祈願祭」が行われた。

少彦名神社での神事

 大阪の新たな風物詩として水辺ににぎわいをもたらそうと、北浜エリアの建物オーナーや店舗、NPO、住民らでつくる「北浜水辺協議会」が主催する「北浜テラス」は、2009年に始まり今年で7回目。

 今年は、初参加の中華料理店「農家厨房 北浜店」、レストラン「南あわじ美食農園オリザ 中之島スピニング店」の2店のほか、日本料理店やレストラン、カフェなど合計11店が参加する。

 同日、連携イベントの「春の北浜めぐり~KITAHAMA RIVERSIDE FLOW~」も始まった。「川床」参加店の11店に「ギャラリー風」(北浜2)を加えた計12店が特別メニューや特典を用意する。4月17日まで。

 同会理事長の出崎栄三さんは「水辺の活用例として、全国から行政や不動産関係者が視察に来られるようになった。今後、まだテラスとして使われていないスペースの活用方法について考えていきたい」と意欲を見せる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ソムリエでもある上田さんが選んだ世界各国のワインの中から、客の好みに合わせて提案し、さらにワインに合う料理を提案するというスタイルを取る。コース料理(税別3,900円~7,300円)を中心に、単品メニューも用意する。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング