天気予報

34

25

みん経トピックス

大阪で「船場フォーラム」大阪・少彦名神社に御朱印帳

大阪本町のビジネス街にサクラ咲く 一本だけの河津桜が満開

大阪本町のビジネス街にサクラ咲く 一本だけの河津桜が満開

久宝公園で満開の見頃を迎えたカワズザクラ

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・本町の久宝公園(大阪市中央区北久宝寺町3)で現在、カワヅザクラ(河津桜)が見頃を迎えている。

桜をスマートフォンで撮影する人の姿も

 1973年に開園した同公園は、御堂筋線本町駅に程近いビジネス街の一角に位置する。通勤や昼食の時間帯には、近隣の企業に勤める会社員らが足を止めて春の訪れを楽しみ、スマートフォンでサクラを撮影する人の姿もあった。

 園内のサクラは、ジュウガツザクラ(十月桜)3本、カワヅザクラ1本、ソメイヨシノ1本の合計5本。同公園を管理する東部方面公園事務局によると、2011年のリニューアル時に植樹したり、その後寄付されたりしたものだという。

 現在満開を迎えているカワヅザクラは1月下旬から2月に開花する早咲きの品種。ソメイヨシノよりも濃いピンク色で、開花時期は1カ月と長めなのが特徴。ジュウガツザクラは10月と4月上旬の年2回開花し、ソメイヨシノは3月末から4月上旬に見頃を迎える。

 開花の時期が異なるサクラが並んでいるため、同公園では長期間にわたって花見を楽しむことができる。平日は昼食を食べる会社員らでにぎわいを見せている。

 大阪では例年、3月末から本格的な花見シーズンを迎える。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

5周年記念キャンペーン期間に発売する、彗星(すいせい)の軌道をイメージした陶器皿「コメット」。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング